●主なワークショップ・講座企画など
2008 町田私立国際版画美術館子ども講座講師「しぜんのかたちをみつけて、みよう」
2011 町田私立国際版画美術館子ども講座講師「しぜんのかたちをみつけて、みよう」
2012 東芝科学館 イベントアラカルト「自然観察からアートへ」
2013-16 川崎市麻生市民館市民自主学級事業:岡上さとやま探検隊 企画・実施
2018-現在 オンラインアートクラス「アークックラボ」全6回企画
2017-現在 川崎市麻生区岡上保全緑地保護ワークキャンプ企画&共催
2019 女子美術大学同窓会子ども感性教育研究会講演会&ワークショップ企画

●教育活動など
1999〜2002 女子美術大学デザイン学科研究室
2007〜16 女子美術大学芸術学部
2010〜16 デザイン学会教育部会 デザイン教育研究会
2013川越大学間連携講座「自然界にみられるかたち」5回目担当
2013川崎市市民自主学級:岡上さとやま探検隊2013 企画
2014〜 ノコプロジェクト/NPO法人ウォール・アート・フェスティバル ボランティア参加
2015〜16 女子美術大学デザインルーム産学連携デザインワークOJT指導
2017  円座企画・実施/engawa「きくこと・つなぐこと」in 鶴川/長谷川泰子共催

2017〜現在 女子美術大学芸術文化専攻非常勤講師
2017〜現在 川崎市立中学校美術非常勤講師
2018〜現在 江東区立小学校支援級図画工作科非常勤講師
2018 大妻女子大学産学協同プログラム特別講師

●主な展覧会・発表など

個展
2000 絵物語作品集「タビスルヒト」 (月光荘画室/銀座)
2007 「森を抜けて」(art space Kimura ASK? /京橋)
2008 「MORI WO NUKETE/FRUITS」(ドイツレストランZum-einhorn)

グループ展
1993 残音と残色展 (ギャラリーフレスカ /新大久保)
1995 残音と残色展 (三鷹市民ギャラリー /三鷹)
1997 無能の人々展 (芝浦協働會舘 /芝浦)
1998 造形ノート展 (T-BOXギャラリー /銀座)
1998 Library展 (ART SPACE /外苑前 ギャラリーそわか/京都他)
2001 版との接点展 (文房堂ギャラリー/神保町)展覧会・他
2002 白川郷芸術祭出品(reunit(西山千晶+坪谷彩子/岐阜)
2003 OUCHI/SHOMOTSU展(reunit /現代ハイツ/下北沢)
2004 国際コロキウム/サイエンティフィックアートの世界展出品(文部科学省主催/品川コクヨホール)
2005 サイエンティフィックアートの世界展・2出品 (NPO法人科学芸術学際研究所ISTA主催/和光市中央公民館)
2005 RIKEN Art&Science展 出品(理化学研究所主催 神戸国際会議場レセプションホール)
2005 2展 Takayuki Seli+Ayako Tsuboya 水際・舟・光線(Live&MorisGallery /銀座)
2006 ピエゾグラフ展(羅針盤 /銀座)
2006 Postcard展(ベオグラード /ノビサド他)
2007 藤田夢香+坪谷彩子「黒糖のにほい」展(美篶堂 /御茶ノ水)
2010 サイエンスアゴラ2010「これがサイエンスアートだ!」(NPO法人科学芸術学際研究所ISTA)参加
2011 サイエンスアゴラ2011「これがサイエンスアートだ!第二弾」参加
2011 「これがサイエンスアートだ!第二弾」/art space KimuraASK?/京橋)参加
2017 「数理にひそむ美」(近代科学資料館 東京理科大学)
2018 「いちまいの手紙から」共感的コミュニケーションとアート(パンオスリール/渋谷)
その他

学会発表・論文など
2006 コンピューター・リソグラフィーの試み (形の科学会誌 佐竹邦子・兵庫大 高木隆司・神戸芸術工科大 共著)
2010 「プロセスを楽しむ、プロセスを共有する仕組みづくり」 (デザイン学会教育部会論考「21世紀のデザイン教育について考える」へ寄稿 )
2012
「かたち創造の百科事典」 (丸善出版株式会社発行/寄稿)
2013 第76回 形の科学シンポジウム@青山学院大
「形典・形譜の造形プロセスと作品」展示
2014 ポスターセッション/第三回女子美術大学美術教育研究会/女子美術大学
2015 パネラー/第60回造形教育センター夏の研究大会「子どものデザインからみえてくるもの」
2015 作品展示/第80回 形の科学シンポジウム「形典・形譜の造形プロセスと作品」
2017 パネラー/つなぐ人フォーラム2017(つなぐ人フォーラム・公益財団法人キープ協会)


●アートブック
1999 1:1 Art Evolution Network発足 (1:1)創刊号発行
2003 works. 第一号創刊(小林ますみ、西山千晶、坪谷彩子)
2004 works. 第二号
2007 絵日記交換集「黒糖のにほい」(美篶堂製本・自費出版/限定100部)


●デザイン
1998 挿画 「名句鑑賞十二ヶ月」(小学館)
1999 舞台美術 及びパンフレットデザイン/「シルリアの海」公演(光座/東中野)
2001 展覧会カタログデザイン/日本オランダ現代美術交流展「3分間の沈黙のために...人-自然-テクノロジーの新たな対話」ICAEE/ヘットアポロハウス共同企画 
2001 サイン版画制作/セルリアンタワー東急ホテル(渋谷)エクゼクティブフロア
2004~2005 サイエンティフィックアートの世界展・RIKENArt&Sience展 パネル制作
2005 作品カタログデザイン/NPO法人 科学芸術学際研究所 ISTA
2006 CDB(理化学研究所/発生・再生科学総合研究センター)Symposium2007ポスター・チラシデザイン制作
2007 CDBSymposium2007アブストラクト表紙イラスト&デザイン
制作 CDBSympo2007 WebSite
2007〜 人間ドックなど各コースパンフレットデザイン/(財)ヘルスサイエンスセンター
2008〜2012 Webサイト制作参加「素材と環境教育が促す日本ブランド力の発信」(教育GP)/女子美術大学
2010〜2013 Webサイト制作参加「職業的自立と美大の就業力リテラシーの養成」(就業力GP)/女子美術大学
2013〜 Webサイト制作参加「女子美術大学韓国語公式サイト」/女子美術大学
2013〜 Webサイト制作参加「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」(産業界GP)/女子美術大学 2015 ポスター・デジタルサイネージデザイン/国立学校法人埼玉大学/JR埼京線
2016〜 現在 学校案内カタログデザインP:E:AD:D /和光鶴川小学校
2016〜 現在 ポスター・デジタルサイネージデザイン/国立学校法人埼玉大学/JR埼京線
2017  フォトストーリーブックデザイン/伊勢鳥羽市学生アートプロジェクト/女子美術大学
2018〜 リーフレットデザイン/一般社団法人糸かけ曼荼羅協会
チームで携わった仕事:P プロデューサー/AD アートディレクター/D デザイナー/E 編集
無記載は個人制作


●ワークショップ・トレーニングプログラムへの参加
2014 インタビューの教室 in ラ・ケヤキ/西村佳哲
2015 非構成的エンカウンターグループ in 養生園/橋本久仁彦/西村佳哲
2017 共生革命リトリートin 屋久島/ソーヤ海/東京アーバンパーマカルチャ主催
2017-18 NVC(非暴力コミュニケーション)基礎講座終了/安納献/NVC Japan Network主催
2017- ミニカウンセリング(未二観)研鑽東京コース参加/橋本久仁彦主催
2017 NVC IIT(国際集中合宿)参加/Center for Nonviolent Communication・NVC Japan主催
2018 レッジョエミリア指導者養成講座 入門・応用コース終了/社)こども教育立国主催


About..

女子美術大学産業デザイン専攻、家電メーカデザイン室を経て、美学校石版画工房で修行、波照間島製糖工員、古書店勤務を経る。
無意識の記憶、身体感覚、そして物語を大切にしたデザインワークを縦軸に。
子ども、おとなたちの互いの野生、自然、心の平和を繋ぐ活動を横軸に。
デザイン・アート×いまと未来を育む共育を考えます。
「非工学系の学生がコンピュータからいかに新しい表現を産み出すことが出来るのか」をサポートしてきた15年間の経験をきっかけに、あらゆるボーダーにいるひとたちがありのまま居られる場作りができたらと願って活動しています。

家電総合メーカーデザイン室、美術大学研究室助手、技術職員を経て、2017年よりデザインやアートプログラムのご提案をメインにしたフリーランス。
大切なことを"きくこと""つながること"をお手伝いする、心のあるお仕事をモットーとしております。
アートの視点をとりいれながら、腑に落ちる、ユニークで斬新なイメージのご提案が得意です。
並行して、オンラインアートクラス運営、公立小学校支援級図工・中学校美術非常勤、女子美術大学芸術文化専攻非常勤講師。生涯学習としての造形デザイン&アートクラスをつくることを目指して研鑽中です。

オンラインポートフォリオがございます。
お仕事のご相談はお気軽に下記メールアドレスまでご連絡ください。
rooni*book-tokyo.com(*を@に替えてご入力ください。)


老後、もし余暇があれば、興味を失うことがない限り、異分野の境界域で、失われつつあるもの(モノクロ写真・廃墟・活字印刷・石版画...)、見つけられつつあるもの(細胞の仕組み、意識について、可視光では見えなかったモノ...)そして対象を美しいと感じる感覚...様々な要素を取り込んで可視化してゆきたい。自分と、他者とコミュニケーションをとるための造形デザイン言語帖の作成が夢。
働きながらの育児も11年目。こどものいる世界への視野も広がっている。

↓多様なボーダーラインでしてきた仕事の足跡が面白いので、ここには、あえてだいぶ昔の出来事も、いくつか掲載してみました。
Contents
work
essay
study
link
engawa
about...